メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

観察ポイント 内向的・外向的の判断

f:id:psychologicaleffect:20180704225246p:plain

性格分類BIG5のうちの一つ、

内向的か?外向的か?

パッと見てわかる場合も多いのですが、

重要視すべき基準には、

どんなものがあるのでしょうか?

 

 

観察ポイント 内向的・外向的の判断

内向的な人

ユング心理学のおさらいをすると、

内向的というのは、

外の世界よりも「自分の内なる世界」

関心が向きやすいということです。

 

見分けるポイントとしては、

行動面では、

・人と積極的に関わろうとしない

 ※目線を合わせない、距離を置くetc...

・家で過ごすことを好む

・1つのことに集中できる

 

外見上は、

・流行を気にしない服装

・日に焼けていない肌

・おでこを見せない髪型

・コンタクトよりも眼鏡

といったものが挙げられます。

 

外向的な人

まずは、おさらい。

外向的な人というのは、

関心や興味が外の世界に向けられている人で、

状況に臨機応変に対応できる人とも言えます。

 

見分けるポイントとしては、

行動面では、

・人と積極的にコミュニケーションをとろうとする

 ※対人距離が近い、グループの中にいるetc...

・チームプレイを好む

 ※一人で黙々と行うのは苦手です。

・少し落ち着きなく見える

 

外見上は、

・流行を取り入れたファッション

・自信があるように見え、笑顔でいることが多い

・肌の露出が多い

といったことが挙げられます。

 

外向的に見えても、実は内向的な人

外向的・内向的が

パッと見ではわかりにくい人たちです。

 

行動や心理面にしかその特徴はなく、

・物思いにふけっていることがある

・一人が好きだけど、孤独は嫌

・気心知れた仲間と過ごすことを好む

・気分で人からの誘いを断る

 

外見上は外向的に見えても、

関わっていくうちに、

その思慮深さ・慎重さから、

実は内向的だということに気づくはずです。

 

最後に

内向的・外向的というのは、

ボリュームのつまみのようなもので、

状況によっては、

どちらの面も現れることがあります。

基本のスタンスがどちらか?

を把握することで、

相手との距離の取り方

コミュニケーションの取り方が

わかってくると思います。