メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

性格は変わるものなのか?~自由特性について~

人の性格特性を研究する分野に

『パーソナリティ心理学』があります。

人の性格をタイプ分類したり、

人の性格は一貫しているのか?

変えることはできるのか?

などなど...

今回は、その中でも

人の性格は変えられる部分があるという

『自由特性』についてです。

 

 

性格は変わるものなのか?~自由特性について~

心理学の世界で影響力のあるBIG5テスト

f:id:psychologicaleffect:20190425122056p:plain

現代の心理学の分野では、

正確性の高い性格分類として

『BIG5テスト』があります。

・外向性

・情緒安定性

・開放性

・協調性

・誠実性

の5つの尺度から

その性格傾向が把握できるというものです。

心理テストなどのタイプ分類とは違い、

極端な値にならない「両向性」になる場合もあります。

 

BIG5についてメンタリストDaiGo氏が

リーディングセミナーで紹介していた内容はこちらへ

psychologicaleffect.hatenablog.com

 

『自由特性』について

人の性格は一貫しているかというと、

他人をパッと見ただけではわかりませんが、

自分のことを考えてみると、

「一貫しているわけじゃなさそうだ」と思うかもしれません。

・外向的にふるまっているけど、本当はあまり人と関わりたくない

・真面目で勉強にも一生懸命だけど、ハメを外すことがある

・環境が変わるのは苦手だが、違う仕事もしてみたい

このように、

変化するパーソナリティの一面を

ブライアン・R・リトル氏は

『自由特性』と表現しています。

 

この『自由特性』は、

自分の目的に応じて、

別人を演じ分けることができるという

いわば、『ペルソナ=仮面』と捉えられます。

なぜ、このような演じ分けをするかというと、

「プロ意識」と「他者を想う愛」

が大きな理由とされています。

仕事の時とプライベートの時は態度が違いますか?

相手に応じて、態度を使い分けることがありますか?

これを考えるだけでも、

別人を演じ分けて生活していることがわかるはずです。

 

そのため、性格を把握するためには、

・普段からとっている行動は?

・違う行動をとったときに、どんな環境下におかれているのか?

といったことを考察・推測しなければなりません。

また、

「自分で自分がわからない」という人もいますが、

これも自由特性がある故に起こる心理状態かもしれません。

 

最後に

自由特性により、抑圧した自分

そのデメリットはなにか?

そこから救われる方法はあるのか?

次回の記事に続きます!

 

参考文献