メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

たとえ話で伝わりやすく!

f:id:psychologicaleffect:20181019235627p:plain

言いたいことが思ったように伝わらない。

それは「理想の人」を想像したときに

同じ人を想像することがほとんどないように

人それぞれが異なるイメージを持っているからです。

そのイメージを限定的にすることで、

具体的なイメージを連想させる方法の一つが

「たとえ話」です。

 

 

たとえ話で伝わりやすく!

たとえ話の効果

まず初めに、

 

「紅葉」といっても、様々な表情を見せる。

・たきぎの炎のような紅葉

赤いちゃんちゃんこのような紅葉

・子供の掌のような小さな紅葉

 

たとえ話を持ち出すことで、

相手の想像力を掻き立て、

具体的なイメージが伝わりやすくなります。

 

これは、見たものだけでなく、

感情についても同じことが言えます。

 

「うれしい」という感情にも度合いがある。

・あるのを忘れていたお金が見つかったときのようにうれしい

・好きな人に会えた時のようにうれしい

・外に出たとたん、雨降りがやんだ時のようにうれしい

 

そして、

わかりにくい表現だったとしても、

○○ってどういうこと?と聞くきっかけにもなり、

話題に広がりが生まれます。

 

簡単に使えるたとえ話

自分の得意分野を利用する

パソコンが得意であれば、

・作業中にパソコンがフリーズしてしまった時のような絶望感

・デスクトップアイコンのように整理された部屋

・いくつものウィンドウを並べて作業をするような忙しさ

・新しいPCの処理速度を体感した時のような快感

など

自分の得意分野に当てはめて、

表現するという方法があります。

 

もう一つが、

相手の好きなことを分析して利用するという方法で、

相手が野球好きであれば、

・逆転満塁ホームランで勝った時のようなうれしさ

イチローのようなストイックさ

など相手の好みに応じて、

たとえ話を変化させていきます。

これを使うには、

相手が何を好きなのか下調べが重要です。

 

最後に

たとえ話を作ろうとするだけでも、

普段使っていない脳の想像力を賦活することができます。

下記の本は、

そんなたとえ話について書かれた、

ギャグテイストのある参考書です。

prime readingで無料なので、

気になる方は、一読してみては?