メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

男性は結果が大事、女性はプロセスが大事

f:id:psychologicaleffect:20180311224458p:plain

男女の心模様 シリーズ第3弾は

結果さえ出せばよい男性

そこに至るまでの経緯が大事な女性

この違いについてまとめます。

 

 

男性は結果が大事、女性はプロセスが大事

結果がすべての男性

仕事に励む男性たち、そこで重要視されるのは、

結果として現れる営業成績やそれに対する周囲の称賛です。

 

そこに至るまでに努力したことは、

無視するわけではないですが、

いくら頑張っても、結果が出なかったことについては、

それまでの努力が無駄になったと感じてしまいます。

 

経過を重視する女性

一方で、そこに至るプロセスを重要視しているのが女性です。

なにかやるときに目標を持ちつつも、

それまでに「努力したこと」、「楽しかったこと」など

ストーリーを大切にします。

 

女性のコミュニケーション能力の高さは、

こういったプロセス・ストーリーを

大事にしていることも影響しているのかもしれません。

 

男女別褒め・慰めポイント

こういった男女の考え方の傾向から、

褒めるとき・慰めるときのポイントも必然に変わってきます。

 

男性を褒めるときは、

「今回の件はすごかったね!部長も褒めてたって話だよ」

単純に出た結果、それについて周りがどう評価しているのか

ということを伝えます。

慰めるときには、

「今回は相手が悪かったね。次回は大丈夫だって」

結果は結果として受け止めてもらい、

切り替えを促します。

あまり問題視するよりは、

軽く受け止めて、気分転換してもらうことが大事です。

 

女性を褒める場合は、

「あの時、コツコツ努力してやってたもんねぇ」

「今回はありがとう!うれしいよ!」

地道な積み重ねを経て、その結果があることや

結果に対する感謝や感情を表現すると良いです。

慰めるときには、

「今回だって頑張ったよね、努力してきたのは誰もが知っているよ」

努力してきたこと・頑張ってきたことを

まずは認めてあげる。

そして、相手の思いに共感にしていくことが大事です。

 

最後に

男性は結果と称賛を求め、

女性はプロセス・ストーリーを大事にすることがわかりました。

次、褒めたり・慰めたりする場合には、

この視点を思い出して接してみると良いかもしれません。

ちなみに、

大ヒット本ブレイン・プログラミングの著者の書いた

男女の違いを題材にした書籍もあります。