メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

観察ポイント 姿勢

f:id:psychologicaleffect:20180627224556p:plain

久しぶりに観察シリーズの話題に戻して、

ここでは、

元々その人がとる姿勢

姿勢の変化が何を意味するのか?

ということを掘り下げていきます。

 

 

観察ポイント 姿勢

元々の姿勢

観察段階でわかることは、

立っている姿勢や座っている姿勢が

強い猫背か?

軽い猫背か?

背筋が伸びているか?

ということです。

ここに年代をプラスして考えると、

強い猫背の人

特に高齢な方が多く、若いころから、

屈んで行う作業(畑・庭など)をしていることが多いです。

 

軽い猫背の人

今では若い人でもスマホを使う姿勢が悪かったり、

パソコン作業などのデスクワークによって、

軽く曲がっている傾向があります。

こういった猫背の人は、

腰や肩のあたりに痛みや違和感を感じることが多く、

健康に気をつけなきゃと思っているものの、

運動習慣がなかったりする場合が多いです。

 

背筋が伸びている人

全身を動かすような運動習慣があり、

周囲をよく観察できるため、立ち振る舞いも上手です。

ポジティブな感情が湧き上がりやすい傾向があります。

 

姿勢の変化について

背もたれにもたれかかる⇔前かがみになる

背もたれにもたれかかることが意味するのは、

リラックス・安心・興味がない・距離を置きたい

などが挙げられます。

逆に、前かがみになることは、

相手の出方に対応しようとしている・興味がある

ということを意味します。

 

左右に揺れる

左右に揺れるということは、

外見上も落ち着きないように見えますが、

その場における動揺・緊張を表しています。

居心地が悪いと揺れが大きくなります。

 

腕を組む

よくガードポジションなんて言われますが、

初めから腕を組んでいる場合は寒いから

という場合もあるので、安易に考えるのは注意が必要です。

会話中に突然腕を組むなどの変化が見られた場合は、

その話題に対して「防衛的」「回避的」

つまり、あまり楽しい話題ではないと感じている可能性があります。

 

こういった姿勢の変化について重要なことは、

会話の文脈から、どのように姿勢が変化するのか?

を見極めることが重要になってきます。

 

最後に

姿勢の観察は性格の推測というよりは、

生活歴の推測や

現状何を感じているか?の推測に使えるものです。