メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

知っておくべき意識調査

f:id:psychologicaleffect:20180624224213p:plain

恋愛や結婚についての統計情報・意識調査

こういった情報を知っておくことで、

相手が何を考えているのか?の参考になったり、

共感するための手がかりになります。

 

 

知っておくべき意識調査

①出会いの段階

 10代後半~20代前半までは

 男女ともにいわゆる「草食系」が多く、

 男性の78%、女性の74%が

 恋愛に消極的・受動的、あるいは興味がない

 と答えています。

 

 未婚男性の場合、仕事や友人等を通じた

 人との知り合う機会はあるものの、

 積極的に出会いを求めていない。

 実際、既婚者の出会いのきっかけは、

 合コンや職場恋愛であることが多い。

 

 未婚女性の場合は、

 良い結婚相手と巡り合えない場合、

 生涯独身である可能性も見据えている。

 既婚者の出会いのきっかけは、

 職場恋愛や友人からの紹介が多い。

  という結果が出ています。

 

②恋愛積極派の傾向

 恋愛に積極的になる傾向として挙げられているのが、

 男性の未婚者(22%)よりも既婚者(53%)

 男性の収入額が高い

  ※無収入(8%)、300万未満(23%)、

   300~500万(39%)、500万以上(48%)

 ポジティブ思考・積極的行動派

  男性(66%)、女性(54%)

 といったものがあり、

 誰といると落ち着くか?という質問には、

 恋人といるのが落ち着くという人が多い(35%)ものの、

 一人でいたいと思う人も少なくありません。(24%)

 

③恋愛消極派の傾向

 積極派とは異なり、

 誰といるのが心地よいか?という質問に対し、

 一人でいることと答える人が、

 男性で5割、女性で4割程度いることがわかっています。

 ただし、

 この現状に満足していない人も多く、

 男性の7割が「情けない・嫌だ」

 男性の7割・女性の8割が

 「恋人がいる友人をうらやましく思う」

 ことがわかっています。

 

最後に

全体像やコミュニケーションの取り方からでも

「積極派」「消極派」を見極められれば、

その性格傾向や心理もわかるということですね!

今回参考にしたのは、

2017年明治安田生活福祉研究所より

https://www.myilw.co.jp/research/report/pdf/myilw_report_2017_01.pdf

内閣府のHPより

http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h26/zentai-pdf/pdf/2-1.pdf