メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

最後の人になりたい女性、初めての人になりたい男性

f:id:psychologicaleffect:20180530231750p:plain

男女の心模様 第17弾

恋愛における男女の心理についてです。

 

 

最後の人になりたい女性、初めての人になりたい男性

最後の人になりたい女性

女性の心理として、

男性に対して、

「この人の最後の人になりたい」

「私だけにしてくれることがうれしい」

という特別感を求める傾向にあります。

 

男性が他の女性に興味を持ってしまうと、

経済的・身体的にも守ってもらうことができなくなるため、

男性にとって「最後」「特別」な私なんだ

と実感できることが安心につながっています。

※ちなみに、「一番~」というのは、

 他者と比較しているため使わないほうが賢明です。

 「君だけ」「特別」という表現が女性には刺さります。

 

後に解説する、

「初めての人」になることにはさほど興味はなく、

慣れている=何度も経験している人に

引っ張って行ってもらう方が安心できるようです。

 

初めての人になりたい男性

男性は、女性の

「初めてきた!」とか

「こんなの初めて!」という発言に

喜びを感じます。

 

女性にとって「初めての人」になったと実感することで、

男性の独占欲を満たすことに繋がります。

 

先に解説した、

最後の人=責任を持つことにつながるため、

「最後の人」になりたいとは、強く思わないようです。

結婚に消極的な男性が多いのも、責任から逃れ、

自由を求めたい気持ちがあるからかもしれません。

 

最後に

恋愛における男女の心理として、

女性にとっては「特別感」

男性にとっては「独占欲」

というものがキーワードになっています。

これをわかったうえで、

どのようにその欲求を満たしてあげるか?

という視点が、

2人の関係を円滑にするために必要になるかもしれません。