メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

お遣いのできない男性、呆れるだけの女性

f:id:psychologicaleffect:20180318211416p:plain

男女の心模様シリーズ 第5弾

女性からのお願いごとに

上手く対応できない男性

このすれ違いはどこから来るのでしょうか? 

 

 

お遣いのできない男性、呆れるだけの女性

お遣いのできない男性

メモ紙に書かれた買い物リスト

あるいは、

「~買ってきて」というお願い

 

男性がお遣いをして家に帰ると、

買い物リストに書いてあるものが買われていない

買ってきてと言ったものしか買ってこない

ということが起こります。

 

こういったことが起こるのは、

男性の一点集中型の注意能力が影響しています。

 

一つのことに集中するため、

買い物リストに書かれた物を買うために一直線

順序も上から書かれた順に買い集めるため、

右往左往し、最終的に

リストを見落として忘れるものが1つか2つ

 

「~買ってきて」というお願いについても、

例えば、お酒の場合、

女性ならば気を利かせておつまみを買いますが、

男性の場合は、本当に頼まれたものしか買いません。

 

呆れるだけの女性

男性がお遣いをうまくできなくても、

ただ呆れるだけの女性は多いはずです。

 

女性は男性に対して、

説明不足のところがあり 、

それが原因で上記のようなことが起こります。

 

また、女性が買い物をするときは、

目的の物を見つけても、

他の物を物色することが多いです。

服を買うときなんかは顕著で、

一通りいくつかの店舗を一巡してから、

気に入ったものがある店に戻ったりします。

 

男女お互いスムーズにいくためには?

男性は、

・買い物リストにチェックを入れていく

・他に必要なものがないか電話を入れる

・レジを通す前に最終チェック 

 

女性は、

・お店の順路を想定して買い物リストを作る

・「わかるだろ」と思わずに、しっかり伝える

・(これは難しいですが)多少の忘れ物には目をつぶる

 

最後に

たったこれだけのポイントで、

お互いにイライラすることも少なくなると思います。

ただ、ほかにも男性と女性の間の

察することのできない男性と

説明しない女性との溝があるようです。