メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

「嘘」を見抜く

f:id:psychologicaleffect:20170808215924p:plain

「嘘を見抜く」

関心のある人は多いのではないかと思います。

嘘を見抜くことで、

自分への隠し事に気づいたり、

不利益を避けることができるはずと期待する人。

あるいは、

見抜かれないようにする方法は?

と考える人もいるかもしれません。

今回はそんな「嘘」にまつわる話しです。

 

 

「嘘」を見抜く

なぜ人は嘘をつくのか?

2013年ごろの研究によれば、

純粋無垢な子どもも2歳を過ぎるころから

嘘をつき始めることがわかっています。

 

そもそも、

なぜ子どもが嘘をつき始めるんでしょう?

その手本は、

親をはじめとした周りの環境です。

親と約束したのに、守られなかった

友達にウソをつかれて、それに気づいた

などの経験を積み重ねて成長していきます。

 

成長とともに、徐々に嘘も巧みなものになり、

罰を逃れるための嘘をはじめとして、

相手を思いやる嘘や社交辞令を学習していきます。

 

嘘を見抜くことは、

自分を傷つける危険性をはらんでいます。

それでも、

なぜ嘘をつかなければならなかったのか?

相手の思いを推測し続けることが、

メンタリストには必要な鍛錬だと思います。

  

「嘘」を見抜く手がかり

ただし、人が嘘を見抜く能力というのは、

素人だけでなく警察官でも50%程度

まったく高いとは言えません。

 

よく、まばたきが増えたから嘘だ!

と断定することがありますが、

ひとつの手がかりでは、正確な判断はできません。

では、何を総合的に見ていけば

より正確な判断に近づけるのでしょうか?

 

ボディランゲージを読み取る

手がかりはいくつかあります。

・嘘をつくと手を隠そうとする

・顔や口元に触れる

・目を逸らす

 ※嘘に慣れている人や女性の場合、

  目をじっと見ます

・体を小さく見せる or 反らす

・足元が話し相手を向いていない 

といったものが

「嘘」に関係するボディランゲージです。

これらが同時にいくつか見られた場合に、

「嘘」である確率が高くなります。

 

最後に

嘘をつくことは手本がいますが、

嘘を見抜くことに関しては、

手本を探すのは難しいです。

人との会話の中で「嘘を見抜く術」を実践し、

自分なりに学んでいく必要がありそうです。

さらに上級編として、

ブラフを使った見抜き方もあるので、

興味のある方はこちらも研究してみては?