メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

あなたはちゃんと言えてる? 「ありがとう」の効果

f:id:psychologicaleffect:20170731224724p:plain

「ありがとう」

人から言われたら嬉しいですよね。

特に変わった言葉ではないけれど、

感謝の気持ちを伝えるというのは大事なことです。

この「ありがとう」については、

心理学的にも有用な効果がある

ことがわかっていますので、ご紹介します。

 

 

「ありがとう」ってちゃんと言えてますか?

「ありがとう」についてネスレ

日本人対象に行った実験があります。

日本人は平均して1日に7.5回「ありがとう」

を言うことがわかっています。

 

また、「ありがとう」を

相手から返される回数が4.9回

少く認識していることもわかっています。

これは、「自分は感謝しているのに、

相手からはなかなか返ってこない」

と思っている人が多いという事ですね。

 

日本人の文化なのかもしれませんが、

「ありがとう」というべき時に

「すみません」と言っている人はいませんか?

悪いことをしているわけでもないのに、

自然と「すみません」が口から出てきてしまう事

結構多いような気がします。

 

あなたは、毎日何回ぐらい

「ありがとう」を言えていますか?

 

「ありがとう」の効果

ここからは、感謝による効果をまとめます。

・感謝は感謝で返される(返報性の原理)

 「ありがとう」と多く言う人ほど、

 返されることも多くなります。

 

・感謝することでストレス軽減

 感謝の言葉を口に出したり、

 書いたりすることで、幸福度を高め、

 抑うつ傾向の改善が期待できます。

 

・感謝は出費ゼロの報酬

 「ありがとう」と友達には言えても、

 身内にはなかなか言えないものですが、

 言うだけタダです。

 それで関係が円滑化するのなら、

 是非利用だと思います。

 

・褒めるよりも感謝で伝える

 アドラー心理学では「褒める」というのは、

 上下関係を助長するとされています。

 感謝を伝えたり、感情を伝えたりすることで、

 対等な関係を構築できることがわかっています。

 

最後に

 最後まで読んでいただき、

 「ありがとうございます」

 言霊(ことだま)とは昔から言いますが、

 ポジティブな言葉って大事ですね。