メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

「占い」とメンタリズム

古くから、世界の各地で占い師として暗躍してきた

一部のメンタリストがいました。

「占い」といっても、その手法は多く、

手相占い、筆跡占い、動物占い、星座占い、

コーヒー占い、血液型占いetc...

それはもう沢山あります。

 

 

今回は、一般的な「手相占い」の見方と

メンタリストがなぜ「占い」という手法を用いたのか?

について触れていきたいと思います。

 

 

「占い」とメンタリズム

「手相占い」のみかた

「手相占い」は、その著者によって様々な見解がありますが、

基本の線はどれもそう変わりません。

まずは、基本の線ですね。

左右どちらで見るのか?と問題になりますが、

今回は、自分の左手を見てみてください。

 

f:id:psychologicaleffect:20170525231537p:plain

①生命線

 健康状態やバイタリティがどれくらいあるのかを示します。

 長ければ長いほど、また、はっきりした線の方が

 強いバイタリティがあるとされています。

 よく、途中で切れている方もいますが、

 急激な体調変化や体力の低下を示します。

 

②頭脳線

 その人の考え方の傾向を示しています。

 線の長いと、じっくり考える熟考型。短いと、即決型。

 平行に近いほど、論理的に物事を考え、

 下に向かう場合は、感情的・直感的とされています。

 

③感情線

 線の長さが、そのままその人の気の長さを示し、

 線がはっきりしている場合は、平穏な心

 乱れたり薄い場合は、不安定な心とされています。

 

④財運線

 長くはっきりしているほど、金運があります。

 全くない人もいますが、

 あまりお金に執着がないタイプとも言われています。

 

⑤結婚線

 誰もが気になる結婚の時期

 小指に近ければ近いほど早婚になります。

 中央が男性が27位、女性が24位が目安です。

 

⑥運命線

 人生の浮き沈みを示しています。

 はっきりしているほど、

 運がよく、成功する確率も高いです。

 

どうでしたでしょうか?

この基本6線を叩き込んで披露できれば、

ちょっとした話題になりそうです!

メンタリストは、

この手相占いの体をうまく使ってリーディングを展開していきます。

 

なぜ、メンタリストは「占い」を使うのか?

普遍的な関心事

人は、いつの時代も

「自分がこれからどうなるのか?」

「自分はこれからどうすればよいのか?」

に関心を寄せています。

だから、今もTVや新聞でも「占い」は消えることはありません。

 

「当たる占い」秘密の仕組み

でも、普通に占いをしているなら、

「当たっているところ」「当たっていないところ」が必ず出てきます。

ここに、秘密があります。

人は「当たらなかった事」に対する記憶はすぐに忘れますが、

「当たった事」に対する記憶は、より鮮明に覚えています。

「あの占いは当たる!」と人に話せばなおさらです。

 

巻き込むことの重要性

そして、読心術もただ「あなたの未来を読みました」ではなく、

「手相」や「筆跡」など相手を巻き込んでいます。

ここが重要なポイントです。

相手を巻き込むことは、相手からの情報を引き出したり、

信憑性を上げることに重要な役割を果たしています。

 

最後に

手相のみかたとメンタリストが占いを使う理由を考えてみました。

実際、人の手を見るのは、楽しいものです。

興味のある方は読んでみてください。