読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

『炎の体育会TV』  瀬戸大也vs メンタリストDaiGo 心理戦まとめ

TV関係・心理戦

リオオリンピックも開催され、

選手皆さん健闘していますね!

今回は、水泳400m個人メドレーで銅メダルを取った

瀬戸大也さんとメンタリストDaiGoさんとの

心理戦が『炎の体育会TV』で放送されていましたので

まとめておきたいと思います。

 

[;contents]

 

瀬戸大也 vs メンタリストDaiGo 心理戦まとめ

動画をお見逃しの方は、こちらをどうぞ

www.youtube.com

 

瀬戸大也さんとは?

言わずと知れた競泳のリオオリンピック代表です。

先日の400m個人メドレーでは

萩野公介の金・瀬戸大也の銅

ライバル同士でいい結果を出してくれましたね。

明日は競泳の最終日で

得意種目の200mバタフライで期待されています。

メンタルはというと、

ライバルがいることで鍛えられているものもあると思いますが、

追い込まれてもポジティブにいられる

そんなところがありそうな感じがします。

柔軟性があるとでも言いましょうか・・・

 

ポイントは口元の動き

1回戦目のポイントとなるのが、

口元の動きでした。

「4」か「5」かと言われたときに

にやけてくる口元。

やはり、

図星の時は口元は緊張し

安心できれば口元が緩む

今までにも何人かの対戦相手が

同様の反応を示してきたことから、

この法則は、よほど意識しなければ

制御するのは難しいようですね。

結果は、DaiGoさんの勝利でした。

 

瀬戸大也さんの秘策とは?

2回戦目は秘策を用意しているとのことでしたが、

それは、水中眼鏡でしたね。

目線の動きが出ない

瞳孔が見えない

さらには、頬をマッサージすることで

表情筋が読めない

DaiGoさんが「これはわからない」

と発言するのも頷けます。

 

最後に

男子相手に初めて敗北したことになりますが、

表情や目線が重要なポイントだということは

わかりました。

それにしても、メンタリスト相手には、

あそこまでしないと心理戦で勝てないんですね。

8月14日頃?まで

観察についてのニコ生タイムシフトが見られるので、

興味のある方は覗いてみるといいと思います!

ch.nicovideo.jp