読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

『炎の体育会TV』 メンタリストDaiGo vs 琴将菊 のみどころ

f:id:psychologicaleffect:20160219211618p:plain

放送日時・対戦相手

2月20日土曜日19:00~炎の体育会TVにて、

メンタリストDaiGoと琴将菊が心理戦を繰り広げるようです。

 「琴バウアー」か「菊バウアー」かで揉めていたのも

「琴バウアー」で決着しましたね。

あれは、パワーポージングの役割もあり、

テストステロンを出し行動力を高めるほか、

相手に大きく見せると言う威嚇の効果もあると思われます。

 

これまでの戦績

それに対して、『炎の体育会TV』でメンタリストDaiGoさんは

・世界ランク7位のテニスプレイヤー錦織圭

f:id:psychologicaleffect:20160219212016p:plain

 

・トリプルスリー達成のヤクルト山田哲人

f:id:psychologicaleffect:20160219212102p:plain

 

・メジャーリーガーの上原浩治

f:id:psychologicaleffect:20160219212132p:plain

とメンタリズムを駆使して、3戦全勝しています。

 

メンタリストの読み取れない相手とは?

大分前ですが、メンタリストDaiGoさんが表情から読み取れないと話していたのは、

・ニュースキャスターの草野仁

f:id:psychologicaleffect:20160219211916p:plain

 

・タレント兼モデルのローラ

f:id:psychologicaleffect:20160219211942p:plain

の2人を挙げていました。

なんでも、草野仁さんは筋肉のつき方が尋常ではないそうで、

表情だけでなく身体の動きからも読み取るのが難しいと話をしていました。

 

今回の対戦の見所とは?

これらの事を踏まえて考えると、

今回の対戦相手である琴将菊は恰幅の良い力士

体重は177Kgということなので、脂肪もそうですが

それを動かすための相当な筋肉量があると考えてよいでしょう。

草野仁さんが筋肉質で読み取れないのであれば、

琴将菊も読み取るのは難しいのかもしれません。

しかし、メンタリストの技術はリーディングだけではありません

どんなハッタリや暗示誘導によって心理戦が繰り広げられるのか注目です。

 

追記

表情には出やすそうでしたね(笑)

しかし、読まれないための工夫があり、

琴将菊の心理学の知識が伺えましたね。

これから先の対戦でも、

対策を練ってくる人が出てくるかもしれません。