読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタリストノート ~メンタリズムを学ぶ~

メンタリストDaiGoさんのおすすめ本や講義からメンタリズム・心理学や様々な科学を学び、ビジネスや子育て等に活かしていこうというブログです

話し上手だと思われる技術とは?

メンタリスト ラポール形成術

f:id:psychologicaleffect:20160211205754j:plain

話し上手になるためには、様々な知識を得る必要があると思われがちです。

たしかに、最低限の知識や自分を表現するための材料は必要です。

しかし、話し上手だと相手に思わせるためには、それだけでは不十分です。

では、いったいどうすればよいのでしょうか?

メンタリストのラポール形成術の観点から方法を探っていきます。

 

話し上手と思われる2つの技術

メンタリストのDaiGoさんは「話し上手は饒舌な事ではない」と言っていました。

本来、人は自分に興味を持ってもらいたいという欲求があるようで、

「自分の話を聞いてくれた→話し上手だという印象を持つ」

つまり、”話し上手”は”聞き上手”だと言う事です。

しかし、聞き上手と言っても、「何をどう聞いていけばいいの?」と思いますよね?

そんなときに役立つツールは、

バックトラッキング+5W1H

プライベートな話題に持ち込む

という2つの方法です。

 

バックトラッキング+5W1H

バックトラッキングというのは、オウム返しです。

つまり、言われた事をそのまま相手に返すということです。

これによって、相手の話を聞いているという事は伝わります。

しかし、これだけでは話は発展しません。

そこで、オウム返しに加えて、質問をくっつけます。

その質問が5W1Hです。

この5W1Hは

What、Who、When、Where、Why、How

なにを、だれが、いつ、どこで、なぜ、どのように

というもので、オウム返しに一つ質問をくっつけてみます

そうすると、徐々に話題の深いところへ導く事ができます。

あとは、相手からどんどん情報を引き出せれば、話題も展開しますし、

「なんて話し上手なんだろう!」という印象を植え付けることができます。

 

プライベートな話題を引き出す

さて、ここまでは話題を深める技術について紹介しましたが、

ここからは、より信頼できる相手だと思わせる技術について紹介します。

仕事に関する話題とプライベートな話題は種類が全く違います。

プライベートな話は信頼できる相手にリラックスした状態で話しますよね。

これを利用します。

認知的不協和の解消」といって、

プライベートな話をしたのは相手を信頼しているから

と合理化させるわけです。

その結果、相手から情報を引き出しやすくなります。

 

話題のきっかけ作りに関しては、

相手との共通点を見つける方法や3ポイントプロフィールを用いると良いでしょう。

あとは、相手に質問をしてプライベートな話題を引き出していきましょう。

これを実践すれば、あなたも”話し上手=聞き上手”になれるはず!

実例 図解版 メンタリストDaiGoの相手を意のままに操る「話し方」入門

実例 図解版 メンタリストDaiGoの相手を意のままに操る「話し方」入門